施工事例

img_0476河川護岸、施工から10年。

約300mにわたって1m間隔に植生。

増水時は先端まで水位がありますが、激流に抵抗

せず、水位がさがって暫くしてもとに戻ります。

フトンカゴを使った工法にホウライチク植栽を併用。

鳥取大学乾燥地センターとの共同研究

cimg2792

 

塩害、防砂、砂地での植栽実験を実施しました。

平成12年には耐潮性を実験、塩水にも強いことが

認められました。写真は鳥取大学乾燥地センターで

の植栽実験です。